ずっと続く胃の痛み

昨年末くらいから、胃にほとんど一日中痛みを感じるようになりました。
以前からストレスを感じた時に胃がズキッとしたり痙攣するような感覚がしたりすることはあったのですが、四六時中痛いというのはちょっと珍しいことです。

朝起きると吐き気がして、食欲がない日が続きました。食欲は基本的にあまりないほうですが、吐き気がするというのはやはり変だと思いました。それで1月に胃腸科へ行き、しばらく受けていなかったので胃カメラを受けました。

そしたらポリープと粘膜下腫瘍が見つかりました。よく考えたら、粘膜下腫瘍は何年か前に初めて見つかっていたのでした。以前ピロリ菌も見つかって除菌治療をしたのですが、その後も軽い胃炎は残っているみたいです。けれどそれらが痛みの原因とは考えにくいようでした。

腫瘍は生検で問題がなく、腹部エコーでも何も見つからなかったので、結局痛みは「機能性胃腸症」であろうと言われました。ざっくり言うと、原因不明ということです。「過敏性大腸症候群」を以前から患っていますが、それと同じようなものだと理解しました。

ひとまずは胃潰瘍も治せるという強い薬を試すことになりました。
しかし、2週間飲んでも3週間飲んでも痛みは変わりませんでした。ただ、痛い場所が時々変わるような気がするのと、胃の中が荒れている痛みというより胃が緊張しているような痛みを感じるようになりました。また、胃だけでなく腸も背中も痛いように感じました。

薬の種類を変えたりもしましたが、飲んでも飲まなくてもあまり変わらないような気がしました。ずっと飲み続けると効いてくる人もいると医師は言っていました。
抗不安薬を飲むとボンヤリはしますが痛みにはどうも効かず、痛み止めは眼圧が高いから使えないと言われました。何かたまたま胃の痛み以外のことに気持ちが向くと痛みを忘れられることも時々あって、精神科の先生には「薬よりそっちの方が効くかもしれないね」と言われました。

結局、胃の薬を飲むのはやめてしまいました。
2月以降、躁鬱混合状態のようになることがちょこちょこあって、気分が塞ぐのにあれこれやりたいことが浮かんだり、体調が悪いのを無視して動き回ったりするようになりました。そんな中で胃腸の痛みはなぜかわからないけど悪くなったり良くなったりしました。

6月に入り、ここ最近は腸の具合は悪いですが、胃の痛みはさほど感じていません。
もしかしたらまたぶり返すかもしれないし、一生付き合っていかなければならないかもしれません。付き合っていく病気がまた増えたならウンザリですが…。
あまり痛みのことを考えるとまた痛くなりそうなので、できるだけ気をそらしていきたいと思います。

Pocket

スポンサーリンク