手芸筋が付きそう

1週間ほど前に、趣味の買い物をしました。よくよく考えてパートナーにも相談してから買ったので、衝動買いではないし満足もしているのですが、少し調子が上がっているのかなと感じています。

このところまた手芸熱が上がっていて、かなり根を詰めて作業をしてしまうので、筋肉痛になって湿布を貼ったりしています。手芸のしすぎで「手芸筋」でも付くんじゃないかと想像して一人で笑ったりして、どうもいつもより明るいと心配されています。もう随分何かに熱中してフワフワしたような時期がなかったので、「来た!」という感じです。ドーパミンとセロトニンを調整する薬を追加しているせいもあるのかもしれません。

これがいつまで続くだろうかという不安もあるのですが、何もかもに希望も自信も持てなくて、嫌なことばかり思い出してモヤモヤしている時の自分とは不思議なほど違う自分になっているのです。なんか、いろんなことができるんじゃないかという気がしたりして。ついこの前までは、身体がだるくて好きなことにもやる気が出なくて、1日をどうやってやり過ごせばいいのかと思うくらい何もできなかったのに、ここ数日はあれをやろうこれもやろうと考えが湧いてきます。

問題は少し不眠気味ということです。寝る頃になると身体があちこち痛いのもあって、寝つきが悪いですし、眠りが浅くて明け方は何度も目が覚めてしまいます。
寝不足や趣味への熱中のしすぎでぼーっとして、何か凡ミスをやらかすこともあるので要注意ですし、調子が上がりすぎると、イライラや焦燥感が強い、つらい状態になってしまいます。そういうことが重なって再び鬱へ…というのを繰り返しているのですが、今はあまり考えたくありません。

手芸は瞑想効果があるそうです。私はこうしてブログを書いていても頭の中で音楽が鳴っていたりするのですが、それがしんと静まりかえるほどではないものの、たしかにあれこれ考えてしまうのが少しは減るような気がします。達成感が得られるのも良いところです。

手芸好きと言うと「器用で羨ましい」と言われたりしますが、ただ楽しみのために作るだけなら、作り方を見たり教わったりすれば大抵の人にはできると思います。今は本や動画やキットなどがたくさんあります。私のパートナーは、以前は手芸の趣味など全くなかったのですが、私の手が回らないものをいくつかやってもらったら性に合うものが見つかったようで、「意外とできる!」と喜んでいました。


(上の写真は2枚とも私の昔の作品)

今は軽躁状態なのかもしれませんが、もしそうならこれ以上高ぶりすぎず落ちることもなく、この状態をできるだけ保ちたいです。何かに熱中しているこの時が私の救いです。これが寛解期だったらいいんですけどね。

スポンサーリンク

シェアする