ミニチュアサイズの服

ここ数年、周期的にドッとハマっている趣味がミニチュア作りです。前にドールハウスの記事を書きましたが、もともとハマったきっかけは洋服作りです。人間の6分の1サイズで作っています。

こういう子供服っぽいのが大好きです。私には子供がいませんが子供のモノは好きで、見ているとホワホワした気持ちになります。ミニチュアは好きな世界観を投影できるのが楽しいところです。

子供の頃にお人形遊びをしていた時は自分で作ろうと思っても思うようにできませんでしたし、大人になってからもまさか服なんて作れないだろうと思っていたのですが、とても素敵な作品の載った本に出会ってしまい、作りたい一心でやっているうちに少しずつできるようになってきました。

お人形の世界は奥深くて、考えてみたらターシャ・テューダーも竹久夢二も、私の好きな作家にはドール作りをしていた人が結構いるのです。
いろいろ調べるようになって以前より様々なファッションに興味を持つようになり、洋服だけでなく着物にも興味を持ちました。素材も毛糸にフェルトに革にレジンに…とあれこれ使うようになり、手芸の世界が広がりました。

すごく速いペースでどんどん作品を作っていた時期もあれば、調子が悪くなってパタッとお人形を手に取ることもしなくなった時期もあるのですが、今のところ楽しんでいられる趣味です。家にこもって作ったり写真を撮ったりするのも、材料を買いに出かけるのも楽しいです。
集中して作るのは目や身体が疲れるので無理をしすぎないよう言われるのですが、つい根をつめてしまいます。ゆったり長く続けていきたいです。

スポンサーリンク

シェアする